お薬通販部
img1 img%%IMG_NO%%_thumb

ロエッテ

ロエッテは、ファイザー社が開発した定期服用による避妊効果と緊急避妊薬の効果をあわせもつ、経口避妊薬です。

コンドームとは違い、女性主体でできる避妊法として、望まない妊娠を避けることができます。

定期服用で避妊する場合は、28日を1周期として1日1錠服用します。

ロエッテは、1相性タイプの避妊薬ですので、すべての錠剤の成分含有量が一定です。

3相性タイプの避妊薬のような飲み間違いのリスクはありません。

緊急避妊の場合は、性行為後、なるべく早く服用することで、妊娠回避につながります。

定期服用時とは用法がことなります。

正しい服用方法により、避妊効果が得られるため、必ず状況にあわせた用法で服用してください。
価格 ¥2,240
在庫あり

ロエッテ

ロエッテの紹介

ロエッテは、ファイザー社が製造販売している経口避妊薬で、トリキュラーのジェネリック医薬品にあたります。

経口避妊薬とは避妊薬ピルや低用量ピルと呼ばれている望まない妊娠を避けるための医薬品です。

近頃では、低用量ピルとよばれる商品がほとんどですが、ロエッテはそれよりもさらにホルモン量を少なく調整した避妊薬で「超低用量ピル」とよばれています。

ファイザー社は、アメリカ合衆国の大手製薬会社です。

ロエッテはもともとワイス社の医薬品でした、ファイザー社がワイス社を買収し、現在はファイザー社のロエッテとなっています。

買収などもあり、ファイザー社の売上はトップクラスと言われています。

ロエッテの主成分はレボノルゲストレル(黄体ホルモン)とエチニールエストラディオール(卵胞ホルモン)です。

これらのホルモン成分の働きによって、排卵を抑える、子宮内膜の変化により着床を抑える、子宮頚管の粘液の変化により精子の子宮への進入を防ぐ効果があり、避妊に効果があります。

ロエッテは超低用量ピルですので、ホルモンの量が少なく、そのため副作用も少ないとされています。

ホルモン量が少なくても、避妊効果はしっかりとあるので心配はいりません。

服用の目的としては、主に避妊となりますが、生理不順の改善、生理痛の緩和、女性ホルモンのバランス調整、その他女性特有の不調を緩和する効果も期待できるので、避妊以外のさまざまな目的でも服用いただけます。

1箱21錠で販売されており、3週を1回のサイクルとして服用します。

服用を続けたい場合は、1箱飲み終わった後、決められた休薬期間をあけた後、2箱目を飲み始めます。

月経初日(生理を確認をした日)から、毎日一定の時間に1錠を服用します。

飲む時間はいつでも構いませんが、毎日(21錠分)同じ時間に飲むことを続けます。

決まった日から飲み続けると効果のでる薬ですので、日本なら温泉旅行や海外ならトイレ事情の悪い行先、トイレ・お風呂を心配しなければならない旅行、事前に予定がわかっている時など、生理が当たらないように調節することもできます。

事前に服用していない場合でも、効能から緊急避妊薬としての効果もあります。

性行為後、72時間以内に1錠服用します。服用まで時間の経過が短ければ短いほど効果は高くなります。

妊娠を望むようになったら、服用を中断することですぐに妊娠が可能となる身体に戻りますので、避妊目的であれば、飲み忘れには注意が必要です。

ロエッテは副作用も少なく効果も高いと言われていますので、用法・用量を守って服用すれば、目的の効能がかなり高い確率で得られるでしょう。

こんな方におすすめ

    ・妊娠を望まない方
    ・生理痛、生理不順などでお悩みの方
    ・低用量ピル服用で、副作用が気になっていた方

特長

    ・国内でもよく処方されているトリキュラーのジェネリック医薬品
    ・1相性タイプで飲み忘れのリスクがない
    ・緊急避妊(アフターピル)としても使用できる

有効成分

レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール

含有量

レボノルゲストレルとして0.10mg
エチニルエストラジオールとして0.02mg

効果・効能

避妊および緊急避妊(排卵・着床の抑制および精子通過の阻害)

用法・用量

超低用量ピル(避妊薬ピル)として使用する場合

服用サイクルは、21日間(3週間)+7日間(1週間)で、合計28日間を1周期とします。

月経の第1日目から服用を開始し、1日1錠決まった時間に決められた順番で服用してください。

21日間かかさず毎日定刻に服用することが大切です。

万が一飲み忘れてしまった場合、飲み忘れから24時間以内に気づいた時点で服用します。

そして当日の定刻にも通常どおり服用してください。つまりその日は2錠服用することになります。

服用時に前日の飲み忘れに気がついた場合は、前日分と当日分の2錠あわせて飲みましょう。

21日間連続服用後、7日間休薬します。その間に月経が起こります。

月経日を遅らせたい場合、7日間の休薬期間をおかずに薬を飲むことで、月経を遅らせることもできます。

アフターピル(緊急避妊薬)として使用する場合

妊娠の可能性がある性行為後、できる限り早めに(72時間以内)1錠服用し、さらにその12時間後に追加で1錠服用します。

服用後3~21日以内に月経のような出血があれば避妊成功です。

その期間を過ぎても出血がなければ、妊娠の可能性がありますのでご注意ください。

副作用

不正出血・乳房痛・乳房障害・頭痛・吐き気・嘔吐など

ロエッテは超低用量ピルですので、避妊効果があるギリギリのホルモン量まで成分を減らしています。

他の避妊薬ピルと比べると副作用は少ないとされていますが、飲み始めの頃には体内のホルモン環境が変化することで、副作用が出ることがあるかもしれません。

個人差はありますが、これらの症状は薬の服用が慣れてくることで軽減されますので深刻に考える必要はありません。

ただし、あまりにもひどい症状であるとか、いつまでたっても症状が軽減しない場合には、服用を中止し、かかりつけの医師に相談してください。

また、まれに血栓症をひきおこす場合があります。

血栓症の発症には年齢と喫煙も関係しています。喫煙者は薬の服用中、禁煙するようにしてください。

40歳以上の方は、血栓症リスクが高くなります。

十分な水分補給や定期的な運動、健康的な食事によって血栓を予防することができますので、生活習慣を整えるよう心掛けましょう。

アフターピル(緊急避妊薬)としての使用法は、あくまでも望まない妊娠を緊急回避するための用法です。

頻繁に使用すると健康をそこないかねませんので、くれぐれもご注意ください。

使用上の注意

次の人は、この薬を使用することはできません

・過去にロエッテに含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある方
・エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌など)や、子宮頸癌のある方、またはこれらの病気の疑いのある方
・診断の確定していない異常性器出血のある方
・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患のある方または過去にこれらの病気になったことがある方
・35 歳以上で 1 日 15 本以上喫煙する方
・前兆(視界にチカチカした光があらわれ、この光が拡大していくにつれてギザギザした光となり中心が見えにくくなるなどの視野の異常)がみられる片頭痛のある方
・心臓弁膜症のある方のうち、肺高血圧症や心房細動のある方や過去に亜急性細菌性心内膜炎になったことがある方
・糖尿病のある方のうち、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などのある方
・血栓ができやすい体質の方
・抗リン脂質抗体症候群のある方
・4週間以内に手術を予定している方、手術後2週間以内の方、産後4週間以内の方、長い間安静状態の方
・肝臓に重篤な障害のある方
・肝臓に腫瘍のある方
・脂質代謝に異常のある方
・軽度でない高血圧のある方
・耳硬化症のある方
・妊娠中に黄疸、持続的なかゆみまたは妊娠ヘルペス(妊娠3~4ヶ月以降に発病し、激しいかゆみや痛みのある多数の水ぶくれができる病気)の症状が過去にあらわれたことのある方
・妊婦または妊娠している可能性のある方
・授乳中の方
・現在身長が伸びている方
・オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(ヴィキラックス配合錠)を使用している方

次の人は、慎重に使う必要があります

使用する前にそのことを医師または薬剤師に告げてください。
・40 歳以上の方
・子宮に筋腫のある方
・過去に乳癌と診断された方
・血縁に乳癌になった方がいる方、乳房にしこりのある方
・喫煙している方
・肥満の方
・血縁に血栓症になった方がいる方
・前兆のない片頭痛のある方
・心臓弁膜症の方
・軽い高血圧のある方、妊娠中に高血圧になったことのある方
・糖尿病のある方または耐糖能に異常のある方
・ポルフィリン症の方
・肝臓に障害のある方
・心臓病や腎臓病のある方または過去にこれらの病気になったことのある方
・てんかんのある方
・テタニーのある方

この薬には併用してはいけない薬

・オムビタスビル水和物
・パリタプレビル水和物
・リトナビル配合剤(ヴィキラックス配合錠)

他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。

保管および取扱い上の注意

・直射日光・高温・湿気を避け、乳幼児・子供の手の届かないところで保管してください。
・薬が残った場合は、保管しないで破棄をしてください。

剤形

錠剤

対象性別

女性

商品分類

医療用医薬品(ジェネリック医薬品)

到着目安

7~10日(発送国業者のお休みなどで、最大14日ほどかかる場合があります)

製薬会社

ファイザー

発送国

シンガポール・インド

参考文献

医薬品情報サイト
NPS MEDICINEWISE-ロエッテ

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

商品番号

92

避妊薬・ピル

超低用量ピル

最近見た商品

トップへ