お薬通販部
img1 img%%IMG_NO%%_thumb

アイピル

アイピルは、日本初の緊急避妊薬ノルレボのジェネリック医薬品として、ピラマルヘルスケア社が開発したアフターピルです。

避妊をしない性行為、避妊具の破損、性行為の強要などにより、望まない妊娠の不安がある性行為の後に服用し、受精卵の子宮内膜への着床を阻みます。

性行為後、72時間以内であれば有効とされていますが、避妊をより確実にするためには早めの服用が肝心です。

定期的に服用する避妊薬ピルとは違い、あくまでの緊急に避妊回避させたい場合に飲む避妊薬です。

先発薬に比べ、副作用が軽減されているとはいえ、アイピルの薬効成分も、強いホルモン剤のため身体に相当な負担がかかります。

日常的な使用は控えるようにしてください。
価格 ¥1,250
在庫あり

アイピル 1.5mg

アイピルの紹介

アイピルは、服用後72時間以内に避妊効果を発揮する錠剤タイプの緊急避妊薬です。

ノルレボのジェネリック医薬品にあたり、同一有効成分で製造され、効果も同じですが、ノルレボよりも安価で購入することができます。

レディースクリニックなどでも処方されるアフターピルのひとつです。

アイピルを服用すると、排卵を抑制したり排卵を遅らせたりする効果があり、その結果受精を防ぐ効果があります。

有効成分は、レボノルゲストレルという黄体ホルモン剤で、服用すると120時間以内に作用し、時間とともに効果が薄まっていきます。

黄体ホルモンを摂取することで、排卵を抑制し子宮内膜を成長させないようにする働きがあります。

しかし、一度子宮内に着床してしまった受精卵を流すことはできません。

有効成分は120時間以内に作用しますが、時間の経過とともに避妊確率は変化します。

臨床試験の結果では、服用後72時間以内であれば80%の確率で避妊効果を発揮するという結果がでています。

さらに24時間以内に服用した場合は、95%の確率で妊娠を防ぐことができます。つまり、服用が早ければ早いほど、高い確率で避妊することが可能ということです。

避妊薬の効果を発揮させるには、妊娠の可能性がある性行為後、少なくとも72時間以内に服用しなければなりません。

緊急的に避妊をしたい場合やあらかじめ妊娠を防ぎたい場合のために事前に購入し、緊急時に使用できるよう手元に置いておくことをおすすめいたします。

コンドームの避妊確率は80%程度と言われていますが、アイピルの避妊効果はそれよりも上回っているため、多くの女性から万が一の時のために購入されている避妊薬です。

また、同じ避妊薬でも通常のピルは毎日服用しなければ効果が出ませんが、アイピルのような緊急避妊薬は1回の服用で効果があらわれます。

さらに同成分の新薬であるノルレボは保険適用外のため、診察と処方で1~2万円前後の負担がありますが、このアイピルはジェネリック医薬品のため1箱あたり1000円前後で購入することが可能です。

アイピルはあくまでも緊急用の避妊薬で、常用するためのものではありません。

ジェネリック医薬品として改良され、副作用は比較的軽減はされていますが、身体に負担の大きい薬ですので頻繁な使用はご自身のためにもお控えください。

計画的に避妊効果をえる場合には、低用量ピルなどを服用することをおすすめいたします。

こんな方におすすめ

    ・他の避妊に失敗(もしくは失敗した可能性がある)、かつ妊娠を望まない方
    ・予期せぬ性行為に苛まれ、妊娠を回避しなければならない方

特長

    ・緊急避妊用医薬品
    ・半強制的に受精卵の着床や子宮内へ精子侵入を妨げる

有効成分

レボノルゲストレル

含有量

1.5mg

効果・効能

緊急避妊(排卵・着床の抑制および精子通過の阻害)

用法・用量

性行為後72時間以内に1錠服用します。水かぬるま湯で飲むようにしてください。

アイピルの服用は「妊娠を望んでいない状況」かつ「妊娠する可能性がある」場合に限ります。

半強制的に避妊をする方法となりますので、計画的な避妊をしたい場合は、他の避妊薬ピルをご使用ください。

空腹時の服用は避け、軽く食事をした後に飲むことをおすすめします。

空腹の状態で服用すると、副作用の吐き気の症状が起こりやすくなり、成分が体内に吸収する前に薬をはき出してしまう可能性があります。

万が一、服用後3時間以内に嘔吐してまった場合、再度薬を服用しなければなりません。

吐き気や嘔吐の心配がある方、服用後にその症状がある方は、酔い止め(吐き気止め)の薬を飲んで症状の緩和を試みましょう。

市販されている酔い止めや吐き気止めは、アイピルとの飲み合わせには問題ありませんので、併用いただけます。

アイピルは、LNG法を用いた緊急避妊薬です。

1錠の服用で妊娠を回避する方法ですので、誤って2錠服用しないようにしてください。(3時間以内に嘔吐してしまった場合を除く)

薬の過剰投与は危険です。定められた用量をきちんと守って服用しましょう。

副作用

吐き気・嘔吐・不正性器出血・頭痛・乳房の違和感・下腹部の痛み・眠気など

アイピルを服用することで、一時的にではありますが急激なホルモンバランスの乱れが生じます。

服用後2~3時間くらいが血中濃度が高まり、薬の成分がもっとも体内に浸透している状態ですので、副作用も強く感じやすくなる時間帯です。

改良されたジェネリック医薬品ですので、従来品よりも副作用は幾分軽減はされていますが、半強制的に妊娠を回避する作用がある医薬品には違いはなく、身体に負担がかかります。

吐き気止め、頭痛薬であれば、飲み合わせに問題ありませんので、市販の薬などを飲んで副作用を緩和することも打開策のひとつです。

通常、副作用は薬の成分が体内に浸透することにより起こりうる症状ですので、薬の成分が排出されれば症状はおさまります。

しかしその症状の発症には個人差がありますので、あまりにもひどい症状であったり、急激な異変を感じるようであれば、かかりつけの医師の診断を受けるようにしましょう。

使用上の注意

次の人は、この薬を使用することはできません

・過去にアイピル錠に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人
・肝臓に重篤な障害のある人
・妊娠している人

次の人は、慎重に使う必要があります

使う前に医師または薬剤師に告げてください。
・肝臓に障害のある人
・心臓や腎臓に障害のある人、または過去に心臓や腎臓に障害があった人

この薬の使用中に気をつけなければならないこと

・この薬は、性行為後に妊娠を避けるものであり、計画的に避妊する場合は、経口避妊薬など避妊効果の高い方法で避妊してください。
・この薬を飲んだ後も妊娠する可能性がありますので、適切な避妊について十分理解できるまで説明を受けてください。
・この薬を飲んだ後の不正子宮出血や妊娠初期の出血は、通常の月経と区別がつかないことがありますので、出血の有無に関わらず、医師の指示のとおりに再
度来院して医師の診察を受けてください。
・セイヨウオトギリソウを含有する食品はこの薬に影響しますので、控えてください。
・この薬を飲んだ後24時間は授乳を避けてください。

他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。

保管および取扱い上の注意

・光と湿気を避けて室温(1~30℃)で保管してください。
・子供の手の届かないところに保管してください。

剤形

錠剤

対象性別

女性

商品分類

医療用医薬品(ジェネリック医薬品)

到着目安

7~10日(発送国業者のお休みなどで、最大14日ほどかかる場合があります)

製薬会社

ピラマルヘルスケア

発送国

香港・シンガポール・インド

参考文献

医薬品情報サイト
Pmda-ノルレボ錠1.5mg
KEGG-ノルレボ(レボノルゲストレル)

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

商品番号

94

避妊薬・ピル

アフターピル

最近見た商品

トップへ